9年経過した耐震シート「プロセブン」

横浜に引っ越してきた9年前、アート引越しセンターで取り扱っていた「プロセブン」という耐震転倒防止マットを家具の下に敷いた。

ウレタンエラストマー製のこのシートは、他社類似品と比較して価格が高く、その分高品質であることを売りにしていた。

メーカーによると耐用年数は5~7年とのことだが、果たして9年目のプロセブンはどうなっているのだろうか。

今回再びの引越しに際して、プロセブンを敷いていた本棚を動かしてみた。

いや、実は動かそうと思ってもネットリと固定されていて動かなかった。なので床から「折る」ような形で本棚を引き剥がしてみた。

m7-9y
汚い画像で申し訳ない

フローリング床の塗装はく離や色の移行はある程度覚悟していたが、結果としてはフローリング床面には見た感じダメージがなかった。

さすが高品質を謳うだけのことはある。素晴らしい。これで敷金返金が減らずにすむ(笑

さて、新居でのプロセブンだが、実は今のところ使う予定がない。地震のとき転倒しそうな家具を1つを除いて処分するからだ。念願だった「そもそも倒れてくるものがない」生活である。

ただ、どうしても収納能力的に高さ150cmほどのチェストだけは残ってしまうのだが、それは壁にガッチリとL字金具で固定する予定。「Panasonic 壁うらセンサー」大活躍である。

こういうとき、気が済むまで転倒防止策が打てるのが、持ち家のメリットだ。(本末転倒?)

Panasonic 壁うらセンサー 内装材専用 プロ用電動工具 乾電池式 EZ3802(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)