キヤノン純正の現像アプリ、大幅アップデート

キヤノン、カメラ付属のRAW現像ソフトを大幅アップデート

おいおい、引越ネタじゃないのかよ、しかも古新聞ネタかよと突っ込まれそうですが、でも新しい現像ソフトは明後日公開ですよ!

えっと、個人的には写真の管理は、Finder派です。ApertureもLightroomもFinderほど製品寿命は長くないのではないか、という判断からです。それにFinderならどのMacでも追加アプリ不要で使えますしね。

ただ、大量の写真の整理になると、Apertureの出番です。Lightroomもサブスクリプションが安価に始まる前にパッケージ版を購入してしまいましたし、巷の評判はApertureより良さそうなので乗り換えたいのですが、忙しいとつい慣れているApertureを使ってしまう→Lightroomの操作を覚えない→ますますApertureばかり使う→Lightroomを覚えない…というダメなループに入っています。

一方で、現像はDPPなり、SIGMA Photo Proなり、各メーカーの純正ソフトを使っています。各メーカーの純正ソフトを使わないと、各メーカーの色が出ないからです。自分の中に確固たる完成イメージがある場合は最もそれに近づける現像ソフトを使えばいいのですが、私の場合、そういうケースよりはメーカーごととの描写の違いを楽しむケースが多いので、純正現像アプリを使っているわけです。

さて、CanonのDPPですが、EOS 5D Mark IIIのあたりから、素人がRAW撮影/DPP現像するより、カメラ内蔵JPEGの方がきれい、というケースが散見されるようになりました。もしかすると、カメラ内のJPEGエンジンに何らかのブレークスルーがあり、それがDPPに展開されていなかったのかも知れません。これが5D3でRAWモードを積極的に使いたくならない理由でした。

また、DPPは全体的に動作がもっさりしており、Canonならではのレンズ補正やCanonの色調を出す以外は、画像の管理やセレクトなどには使いたいとは思えないアプリでした。

dpp40

DPPの4.0ではどこまで改良されるでしょうか。
「1万枚ほどの大量のサムネイル画像でも一度に表示が可能」なんて、動作速度に期待を持たせる記述もあります。

今のところフルサイズ機限定の対応のようですが、リリースを座して待ちます。


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)