TOTO「ほっからり床」半年経過後の劣化の様子

TOTOバスルームのほっからり床の半年経過後の劣化の様子。

hokkarari1

撥水性能には影響が見られませんが、浴室の中央付近の床の光沢がなくなってきました。ここが一番良く踏まれるからだと思います。上の写真は少し濡れているわけではありません。充分乾燥した状態で撮影しています。

hokkarari2

表面が変化しているのに撥水性能、乾燥性能に影響がないというのは不思議というか、この技術のキモを垣間見た気がします。

クッションも硬くなってきた印象がありますが、まぁそれは想定の範囲内です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)