DigiFi No.16付録Olasonic DACのケース

OlasonicのDACのケースの件
市販のケースを結構物色したんですが、
まず、シールドしたいと言うことで、プラスチック製、樹脂製、紙製はボツ。

で、金属のケースになるわけですが、
そこに、「端子はパネルから顔を出させたい」という欲求があります。

となると、基板サイズの実寸から、
基板の前後パネル間の間隔が65mmのもの、
またはフレキシブルに設定可能なものを探す。

…この段階でもう見つかりません。
いや、探し方が甘かったのかも知れませんが、結構、
数時間は使ってしまいました。

あったとしても、たぶん部品コストは2,000~3,000円程度になると思います。
削り出しのボリュームつまみ合わせて。

もうこれ以上考える時間が勿体なぁと、あと加工時間も。
こういうのは(金属加工ではなく電子工作の方ですが)前職で散々やったので、自宅で体験したいわけでもないし…。
そんな訳でギブアップ。

ごくごくありがちな選択、N2 Factoryの純正ケースを選んでしまいました。
「クマデジ、平凡な選択したな!」という声は甘んじて受けます(ぉ

n2f-1

n2f-2

n2f-3

おお、組み立て説明書がカラーだ…。

n2f-4

n2f-5

触ってみては気持ちいい感触です。
金属加工は専門ではないのですが、仕上げはこんなものでしょうか。

週末に時間が取れれば、組みます。


DigiFi(デジファイ)No.16(ハイレゾ対応 D/A コンバーター付録) (別冊ステレオサウンド)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)