Apple Magic Keyboard

Magic Mosue2 に引き続き、Magic Keyboardが届きました。




従来の透明フィルムではなく、半透明フィルムに包まれていました。



付属品。



裏面を従来のWireless Keyboardと比較。
重量はとても軽くなっています。



キーの高さ(縦方向)を従来のWireless Keyboardと比較。メインキーには高さの変化はほとんどありません。

キートップの文字が新型では薄くなっているのは写真のせいではなく、本当に薄くなっています。OS Xの文字が小さくなってきている点といい、最近のアップルは視認性を差し置くことが多くなったなぁ…。



一番の違いは、キーボードの盤面自体の角度と、キー自体の高さ(厚み方向)。従来のWireless Keyboardと比較して、よりストロークが浅くなっています。これは好き嫌いが分かれそうですが、もはやノートパソコンが売り上げの主力である以上、デスクトップ用キーボードもノートパソコンの打鍵感に統一するのが世の趨勢なのかも知れません。

今までのWireless Keyboardに慣れていれば、大きく変化した左右カーソルキー含めてブラインドタッチには問題はありませんでした。

従来のキーボードも剛性が低い感じはしませんでしたが、Magic Keyboardはさらに剛性感がアップしているので、Magic Keyboardを叩いた後だと、従来のWireless Keyboardがたわむように感じてしまいます。



充電/ペアリング用Lightning端子と、Bluetooth電波透過用の樹脂部分。Lightning端子はケーブルを接続したままでキー入力が可能です。

薄すぎて机上で持ち上げにくいという意見を聞いたのですが、確かに持ち上げにくいですが、軽さで持ち上げにくさをカバーしている感じです。

さて、「買い」かどうかですが、従来のWirelessキーボードに充電行為含め不満がない人は、買い換える必要はないと思います。買い換えたからと言って、何かキーボードを再定義するような未来が待っているわけではありません。黙ってても買う方は買っても良いと思いますが、迷っている方にはお勧めしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)