ATOK Passport のライセンス認証がいつの間にか仕様変更

単体のスタンドアロン版がなくなったATOKを入手するために一太郎ごと買うという「大人の特権」を炸裂させるBさんの記事を見て、そういえばATOKサブスクリプション版(ATOK Passport)の例の問題…14日に1回あるライセンス認証がパソコン起動後のネット接続が完了する前に動作してしまい、入力ができなくなる問題…が解決されているかどうか調べてみました。

そしたらですね、ATOKの紹介ページにこんな記述が:

月額制の方は相変わらず14日に1回はネット経由でのライセンス認証が必要なようですが、年間プランの方にはその記述がありません

これは、年間プランを買っておけば、月間プランだと年24回ある「使えなくなるリスク」が、「年1回以下」になるということですよね。

思わず申し込みそうになってしまいましたが、値段を見て寸止めしました。年間プランはいわゆるATOK Premium(月間500円、年間6,000円)相当なんですね。自分は辞書機能は要らないので月間300円のスタンダードの方で良いのですが、これには年間プランがありません。

しかしよく見ると、月間プランの方も「インターネットに接続していない状態が長時間続くと」使えなくなるとなっており、以前のように「認証のタイミングでネットに繋がっていないと即座に使えなくなる」仕様から変わっていることを伺わせます。

これは検討の余地が出てきましたね。

 

「ATOK Passport のライセンス認証がいつの間にか仕様変更」への2件のフィードバック

  1. 2台のMacでATOK Passport使っています。
    自分用がiMac5K2017、リビングの家族用がMacbookPro late2012です。
    iMacのほうは「期限切れエラー」は見た覚えがありませんが、MacbookProのほうはたまに出て妻が文句言ってます。
    短時間ですが、ほぼ毎日使っているんですけどね。
    あらためて違いを見てみると、iMacの方はPowerNAPに対応していますが、
    MacbookProのほうはその設定がありません。
    そのせいかな〜と。

    1. うちはiMacもMBPもPN対応なんですが、MBPを常に電源に繋いでないせいか、MBPでよく出ていたんですよね。まぁPN動作しないような使い方してるのが悪いんですが(笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)