EOS 5D Mark III :バッテリー情報で劣化度「赤」が出た

これインフルになる前に書いていた記事なんですけど、アップするタイミングを逸していました。3月下旬頃の話です。高熱出してうんうん唸っている間に新しいLP-E6N ×2が届いてました。熱で朦朧としている間にポチった訳ではありません。確かに発注した記憶はありますので大丈夫です。
大丈夫って何が。

~ ~ ~

うすうす寿命が短くなっている気がしましたが、EOS 5D Mark III用として手元にある2本のLP-E6が両方とも劣化度「赤」表示に。

DSC05903

1本は2012年5月に購入したEOS 5D Mark IIIに附属していたもの、もう1本は2012年9月に追加で購入した1本。ということは、片方が使用開始から3年11ヶ月、もう片方が3年6ヶ月。記録を見ると、2009年頃から私のところでは軒並み3年半でダメになりますね。近年、撮影枚数が激減していることを考慮すると、充放電回数と言うよりは経時変化が支配的なような気はします。

買い換えるとなるとなかなか手痛い出費ですが、出先でバッテリーがストンと落ちてしまうと5D3が文鎮になってしまうのでやむを得ません。なおしばらく前に LP-E6 は LP-E6N にモデルチェンジして、容量が4%ほどアップしているようです。


Canon バッテリーパック LP-E6N(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)