LEVORG C型

LEVORGの年次改良モデル(C型)がリリースされました。

36

変更点としては、

・1.6GTモデルの樹脂キャップ+アルミホイールが、アルミホイールに変更
・2.0GTモデル廃止
・静粛性向上
・内装色設定変更
・後席左右シートベルトにプリテンショナーを追加
・価格据え置き

といったところで、かなり堅実というか地味な改良です。装備補強で価格は据え置きなので、お買い得度が僅かに向上していることになります。事前の噂ではハイブリッド追加という話もありましたが、C型と一緒には出ませんでしたね。ボンネットの穴のなくなったLEVORGも見てみたい気がします。
それとスバルって、シートベルトのプリテンショナーはともかく、テンションリデューサーには最近あまり熱心ではないですね。ぜひ欲しいんですけど…。

LEVORGとOUTBACKってどちらも甲乙つけがたいですよね。クルマとの一体感でLEVORG、ゆったり安楽でOUTBACKなんでしょうけど、車体の大きさはともかく値段は拮抗しているので、どちらを選んでももう一方が羨ましくなるケースは出てくるような気がします。

ウチの車の買い替えは貯金が見通せないですねぇ…。最近A3が安定しているというのもありますけど、このまま調子がよければ、もう1回車検を通しそうな気がします。最近いろんなことにお金がかかるので…。そうこう言っているうちに、OUTBACKが国内から廃止になって、選択肢が自動的にLEVORGしかなくなるというオチもありそうな気もします。


チョロQ Q-eyes QE-03 DAIHATSU KOPEN 【日本おもちゃ大賞2014 イノベイティブ・トイ部門 優秀賞】(Amazon)

「LEVORG C型」への2件のフィードバック

  1. スバルは新型プラットフォームが、先日発表のインプレッサからスタートで、レボーグもいずれそれにフルモデルチェンジするでしょうから、大規模な変化はそのときのお楽しみなのかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)