頭文字Dの聖地「筑波フルーツライン」

兼ねてからムスコにリクエストされていた、頭文字Dの茨城の聖地「筑波フルーツライン」に行ってきました。



…が、そこに至る山道が、暴走行為防止のため路面に凹凸がつけてあり(4カ所くらいありました)かなり徐行して上がらないと車がかなり傷みそうです。



ドライブの楽しさも何もあったものじゃないし、もっとも、地元の方にとってみれば迷惑な暴走行為の前にはやむなし、ということなんでしょうけど、これ考えた人はクルマを好きになったことがないんじゃないか?とさえ感じてしまいました。それくらいクルマにダメージありそうな凹凸です。



さて、クルマが傷むと泣きそうになりながらようやくフルーツラインの入り口に到達しましたが…え、何ですか?通行止め?



どうも調べてみると、2014年の台風18号の際に起きた土砂崩れで、車両が通過した場合には道ごと崩落する危険性があるとのこと。そしてこのフルーツラインの代わりとなる「朝日トンネル」の完成で、フルーツラインの必然性がなくなったために補修も行われていない模様。



「イニD」ってペイントが。まぁ、ここが間違いなく聖地だったんでしょうね。

仕方ないので、この後筑波スカイラインを通って「筑波山つつじヶ丘駐車場」まで行ってみたんですが、有料化されていたせいか、はたまたこの日は高温注意報が出るほどの暑さだったためか、閑散としていました。ロープウエー駅のある側の売店や食堂はお客さんゼロでしたね。まぁ箱根のMAZDAスカイラウンジですら心配になるくらいお客さんが少ないので、筑波だったらそんなものなのかも知れません。ドライブ目的でクルマを転がす人って、減ってるんですねぇ。

「頭文字Dの聖地「筑波フルーツライン」」への3件のフィードバック

  1. まだ若かりし頃、興味本位で夜ドライブに行った事があります。
    (車は、スターレットでした。)
    その時は、まぶしいなぁ~位にしか思わなかったのですが、
    後日、それが合図だった事を知り、
    かなり危ない思いをしていたと、ビックリでした(汗

  2. えっ眩しいのはバトルの合図かなんかなんですか?
    (生バトルはもう20年以上見ていないので…)

  3. 20年位前の事で、人づてに聞いた話です。<合図
    本当だったのか、定かではありません。
    それに、実際にバトルをしたわけではないので(^^;;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)