iPhone 3Gより前からいたドジョウ、全滅

DSC07218

2008年から飼っていたドジョウが全滅しました。一気に全滅したわけではなく、一匹死に、また一匹死に…という感じでしたが、捕まえてきてから8年というのは相当に長いと思います。

最後の1匹は完全に老衰で、徐々に餌を食べなくなり、動きが鈍くなり、体が細くなり、やがてじっとしている時間が長くなり…と、まさに植物が枯れるように死んで行きました。

IMG_2728

ドジョウを飼い出したのが2008年6月。
ちなみに日本でiPhone 3Gが発売されたのが、この翌月です。そう考えるとずいぶん昔に感じますね。つまり上の写真の中の日本では、スマートフォンを使っている人はほとんどいません。

dozyou2

suisou_upgrade

水槽を少し大きくしたのが2008年12月。

食用にもなるドジョウの命の重さというのはどう捉えて良いか戸惑ってしまいますが、淋しい気持ち半分、ああ、これでもう水槽のメンテしなくていいんだという開放感が半分です。もっとも、昨年一回り大きなポンプに交換してからは、ほとんどメンテナンスフリーにはなっていたんですが。それでも蒸発分の水補給とか、ポンプの異音対策とか(振動音が響くときがある)など、それなりに存在感はありました。(エサやりはツマや子供たちの仕事。)

私はもう当面魚を買うつもりはありませんが(土管やポンプは洗浄せずに捨ててしまいました)、ムスメは金魚を飼って欲しい様子。いや、私が面倒なので、飼いません。百歩譲って飼うにしても、少し父を休ませてください。けっこう面倒なんです。

そんなこと言いながらも、ドジョウにはけっこう癒やしを貰いましたけどね。舌足らずの頃のムスメが「どじょる~」と呼びかけていた声は、まだ鮮明に耳に残っています。

「iPhone 3Gより前からいたドジョウ、全滅」への2件のフィードバック

  1. お子さんがもう少し大きくなったら、犬を飼うのがいいと思います。
    金魚や昆虫を飼うより、情操教育にはるかにいいですよ。
    世話の手間はかかりますが、愛情を持てる生き物なので、面倒と思う時でも世話できます。
    もっとも留守がちな家庭の場合は、犬が寂しがるのでお勧めしにくいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)