EOS M5のストラップの謎が明らかになる

実はEOS M5のイベントの際に、着脱が容易な新構造のストラップを開発したと伺っていて、その仕組みがとても気になっていました。だって着脱が容易と言うことは、外れやすいということで、ストラップ着脱機構破損によるメーカー保証のことを考えると、キヤノンにしてはチャレンジしたなぁと考えたわけです。

17914-279-296758

今回の貸出機にはその新機構のストラップが附属していたので、どんな風になっているのか楽しみにしていたんですが。

が、結論から言ってしまうと、期待値には届いてなかったです。

5D4A0393

これがそのEOS M5附属のストラップなんですが…

5D4A0397

黒いかしめパーツ風の部分をスライドさせると、Dカンが取り外せます。
それだけ。

いや、間違ってはないですよ。確かに目的は達成されるかも知れません。これならばメーカー保証率にもさしたる影響を与えないでしょう。コスト的にも、外れにくさ的にも優れた設計だと思います。

でも何なんでしょう、このモヤモヤ感は。
本体10万円に見合った緻密な何かを勝手に期待していたのだと思いますが、
もう少し夢を見せて欲しかったなぁ…。

17914-279-296758

「EOS M5のストラップの謎が明らかになる」への1件の返信

  1. 昔ながらのストラップを取り付けする作業を億劫がってやらなかったり、上手くできなかったりするライトユーザーのことを想定しているのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)