カーペットを(新しい)お風呂で洗う場合の注意

朝から天気が良かったので、冬の間フローリングに敷いていたカーペットをお風呂場で洗ってみました。カーペットに記されたおすすめの洗浄方法は、ベランダに干して水をかけるらしいのですが、いかんせん使い始めてから3年は洗っていないので、浴槽にお湯を張って足で踏み洗いをしてみました。

もちろん、面白いほど浴槽の水は真っ黒になったのですが、その汚水を流した後に浴槽の底にけっこうな量の砂と思われる物質が残っていました。

実は我が家のTOTOのお風呂は毎日擦って洗うことは推奨されていなくて、スポンジでの擦り洗いは週に1回程度、他の日はシャワーで流す程度の洗浄方法が推奨されています。これはおそらく、防汚コーティングの劣化を抑えるためにではないかと思いますが、そんなデリケートな浴槽を、砂を含んだ水で一生懸命踏み洗いしてしまって、これは相当浴槽表面がキズついたに違いありません。

クルマの洗車と同様、最初は洗う対象物に軽く水をかけるなり水に浸すなりして砂粒を落としてからでないとまずかったですね。ちょっと失敗しました。

25

写真はEOS Movieから切り出した静止画。
EOS 5D Mark IV + EF 50mm f/1.4 USM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)