その後のFlashAir W-04

その後のFlashAir W-04ですが…

DSC07946 のコピー

iOS用のKeenaiアプリを使ったところ、ちゃんと転送できました。但しWi-Fi接続先を切り替える手間が必要です。

一方で、MacOS X用のKeenaiアプリが、どうにもこうにもまともに動きません。再インストールした後、一度だけ動いたのですが、それも数百枚転送すべきところ数十枚で転送が止まってしまい、その後動かなくなってしまいました。これもiOS版同様、Wi-Fi接続先を切り替える手間が必要です。

転送自体はEye-Fiより数倍速いので、Wi-Fi接続先を切り替える手間があったとしても、Eye-Fiの代用としても良いかな?とちょっと思いましたが、MacOS X版のKeenaiアプリがこんな挙動不安定では台無しです。(サードデベロッパーのアプリにもいいのありませんしねぇ…)

それと、Eye-Fi譲りの電源管理機能を持っているということですが、EOS 5D Mark IVで試したところ、転送中の電源ON状態は維持してくれますが、逆に転送が終わっても電源が自動で切れないのですが…。

そんなわけで、W-04の登場でKeenaiアプリがアップデートされないか、またはサードデベロッパーで良いソフトが出ないかもう少し見守りたいですが、まぁ普段常用できるものではないですね。頃合い見て手放してしまうかも…。ちょっと勝手に期待していただけに、残念です。

「その後のFlashAir W-04」への5件のフィードバック

  1. 私もW-04購入してみましたがMacにKeenaiで取り込ませることができませんでした。
    しかしW-04でもステーションモードにしてflashairsyncを使うことでWifiルーター経由で自動的にMacに取り込ませることができました。
    W-03より転送速度が速く、Eye-fi機能を使うことでカメラの設定で転送On/Offを切り替えられますので出先ではOffにしてバッテリの節約もできます。

  2. Keenaiの開発元に確認したところ、W-04には確かに対応しているそうで。
    もしかして、他のワイヤレス取り込みもの(ソニーやキヤノン)のソフトを
    入れておられたりします?
    (私もソニーのが入っています。)

  3. そう言われればflashairsyncやEYE-fi X2 Utilityは起動させてなかったので関係ないと思いますが。もう一つSONYのwifi付きカメラからの転送アプリが入っているかもしれません。
    切って試してみます。

  4. SONYの「ワイヤレス自動取り込み」が入っていました。これはBonjour で動いているようです。削除してみましたが、ステーションモードになった状態ではKeenaiは動作しませんでした。ステーションモード+flashairsyncのほうがwifiの切替をしないでよいため当面このまま運用してみます。

  5. なるほど、ステーションモードだとKeenaiアプリは反応してくれないんですね。
    そこは知りませんでした。ご教示いただきましてありがとうございます。
    私は結局、北米からEye-fi mobi proを買ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)