似た色でドアゴッツンを補修

車内におけるiPhone置き場の写真を撮っているときに、うっかりドアをコンクリート壁にぶつけてしまい、ドアのエッジに少しキズが入ってしまいましたので、タッチアップペンを買いました。



ただ、Audi のスクーバブルーのタッチアップペンはほぼAudiディーラーでしか手に入らず、しかも高いので、市販のものから近い色を選んでみました。どうせエッジ部分で目立たず、厳密な色合わせは不要ですので。

そこで、通販サイトに並んでいるタッチアップペンのブルーメタリック系の色コードを片っ端からGoogle画像検索にかけて、まぁこの色なら近いかなと選んだのが、このNISSAN #BW6 ダークブルーパール。日産ステージアやエクストレイル、ウイングロードに使われている紺パール色です。



ぶつけたところ。この距離だとまったく分かりません。



ここです。白くなっているところ。長さは5mmくらいでしょうか。まぁ放っておいてもいいんですけど、下地が見えちゃってるので錆びると傷口が広がりそうだなと。



塗ったところ。バッチリです。見た目色の違いは分かりません。

このタッチアップペンはキャップ側に筆がついているタイプなのですが、その筆がとても長くて塗りにくかったです。筆が長いと、手の細かい震えが増幅されるんですよね。

まぁでも、アウディ純正タッチペンの5分の1のお値段でこれならOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)