パンクしたので、エコピアを履く

さて、宮ヶ瀬湖からの帰り道。

5D325467

パンクしました(´Д⊂ヽ

ヤビツ峠(心霊スポット & 頭文字Dの聖地の1つ)方向は夜間通行止めだしそもそも何か出そうだし(笑、いつもの国道412号線で愛川町方面ではなく、通るのは初めてでしたが県道64号線で清川村方面にダウンヒルしてきたんですね。街灯もほとんどない峠道で、ちょっとナビに目をやっている間に路面に何か落ちているのに気がつきまして、ずっと前向いて集中してれば避けられたんでしょうけど、今回は気が付くのが遅れてなんだか分からないけどそのまま踏んでしまいました。

踏んだ瞬間、それが踏み潰されて砕ける感触がして、一瞬のことだったのでよく分かりませんでしたが、たぶんビンのようなもの…クラフトビールに使われるような茶色い小さ目のビンのように見えました。結構思ったより大きな衝撃だったので、タイヤやっちまったかな?と思ったんですが、特に走行フィーリングに異常なかったので、そのまま30km以上走行して帰宅。

帰宅直前にコンビニに寄ったんですが、コンビニを出て自宅に着く直前に初めて違和感を覚えて。ああ右前が下がってると。たぶんビン踏んだときにはパンクまでは行ってなくて、コンビニの駐車場で微速でステアリングを切った際にトドメを刺したかなぁと。

まぁ真っ暗な山中のダウンヒルで路頭に迷わなくて良かったです。たまに本気で攻めてくる人がいるので、あんなところでスペアタイヤに交換とか命懸けだと思います。

とりあえずその日は寝て、翌朝スペアタイヤに交換。

5D325468

車載スペアタイヤ使うのって、20年ぶりくらいかな。

5D325472

ディーラーの定期点検項目にスペアタイヤもあるので、空気圧はバッチリの筈です。

5D325470

車載工具には交換したホイールを包む厚手のビニール袋まで付属。こういうところ、さすがアウディだなぁと思います。さすがに軍手までは付属しませんが。

このあと、オートバックスまで自走してタイヤ交換しました。もしかしたらパンク修理(1,620円)が可能かも?と淡い期待を抱いていましたが、パンクした箇所が接地面とサイド面の境界付近で、しかも穴ではなくて裂けているとのことで修理は不可。1.5万キロほど走行したタイヤなので1輪だけ交換というわけにもいかず、フロント2輪の交換に。

横浜ゴムのAdvan dBを履いていましたが、今更ハイエンドタイヤを買う気も起きず、そもそもAdvan dBは在庫切れとのことで店頭在庫品から選ぶことに。「ミシュラン・プライマシー」「ブリジストン・エコピアEX20」「ピレリの何か」の3択でしたが、一番安かったブリジストン・エコピアEX20を選択。

5D325484

エコピアって少し前だとプレイズって呼ばれていたカテゴリーの商品で(またプレイズに戻ったようですが)、いわゆるブリジストンの普通グレードの看板商品。諸々の性能(エコ性能以外)はAdvan dBに劣りますが、1.5万キロ走ったdBと新品のエコピアEX20では、静粛性には有意さを感じませんでした(笑。プラシーボ効果かも知れませんが、転がり抵抗は少ない感じがします。

dBも初めて履いた時にはグニャッとしてるなぁと思いましたが、エコピアEX20はさらに輪をかけてゴムっぽい感じ。まぁ10年前の欧州車のソリッドな乗り味にも最近疲れてきたので、悪くはありません。荷重指数/最高速度もdBと同じ91V(615kg, 240km/h)なので、たぶん普通に同じように使えるんだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)