待望のPS4システムソフトウェア「バージョン5.50 KEIJI(ケイジ)」によってもたらされた子供の生活の変化

3月上旬にリリースされたPS4の新システムソフトウエア「バージョン5.50 KEIJI」、私の中ではファミリーアカウントの時間管理機能が目玉です。PS4本体の方は夜間の間に最新版にアップデートされていましたので、本体側で子供のアカウントの時間制限を設定して、一通りプレイさせた後、連携しているスマホアプリの方を見てみます。制限時間は平日1時間、土日は2時間に設定し、制限時間経過後は「メッセージの表示」か「ログアウト」を選べるのですが、まずは「メッセージの表示」を選びました。

IMG_0803

スマホのPlayStationアプリの「設定」-「ファミリーアカウント設定」画面から、このようにプレイ状況を確認することができます。

IMG_0807

PS4の画面上はどうなってるかと言いますと、制限時間を過ぎると、5分に一回、左上にあるようなバナーが数秒間表示されるだけです。すぐ消えてしまうので、プレイする分には何の支障にもなりません。

それでは抑止力にならないので、制限時間を過ぎたらログアウトするように設定してみました。(設定は外出先のスマホからでもできます。)

IMG_0816

するとPS4側は制限時間を過ぎるとこのような画面になります。子供が甘えた声で「時間を足してくだちゃい」と言ってきたのが可笑しかったです。オマエ今度中学生だろ。チャイって何だチャイって。

それで、この機能によって子供にどのような生活の変化が生じたかですが、これがとても興味深かったのです。

どうせゲームを制限されたところでHDDレコーダーに録画済みの「イッテQ」とか見るんだろ、と考えていたのですが、ゲームの時間制限をされてから、とにかく一日中無気力(休みの日は昼過ぎまでパジャマでゴロゴロしている)になってしまったのです。時間制限をする前は「よく遊び、最低限の勉強もする」だったのですが、「遊びも勉強もしない、寝てるだけ」状態に。うーむ、そうなりますか。

ちょっとですね、そこの妥協点が見いだせない感じです。最初からそうだったのならともかく、途中から時間制限が付いたのでは、管理される側は納得できないと言うことでしょうか。

この機能についてははもう少し「慣れ」が必要そうです。引き続きゲームとの付き合い方を色々試して、経過を見てみます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SONY■プレイステーション4 500GB ホワイト■CUH-2100AB02■新品未開封
価格:40991円(税込、送料別) (2018/3/19時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)