Macの起動ディスクの2番目のパーティションを小さくしようとして絶賛ハマり中

うちのiMac(Late 2012)はFusion Drive搭載なので、Appleの最新のファイルシステムであるAPFSには対応しておらず、Mac OS拡張フォーマットで使うことになります。それでも、少し前のMac OSなら、運用中の起動ディスクに対しても、容量を増やす方向であればパーティションサイズを変更できたはず…という記憶があったのです。

3TB(正確には3.12TB)のFusion Driveを1.5TB×2(正確には1.61TB+1.51TB)に分けて、2番目のパーティションにWindowsのVMイメージファイル(Winodws XP, 7, 10, 10のツマPTA活動用)を入れて運用していたのですが、最近本当にWindowsの必要性が減ってきていて、少しVMを整理して、手狭になってきた1番目のパーティションを増やそうと考えました。1.5TB×2ではなく、2TB + 1TBにしようかなと。

手順としては、

1.VMイメージファイルを外付けHDDに移動。
2.ディスクユーティリティで2番目のパーティションを削除。
3.ディスクユーティリティで1番目のパーティションを大きくする。(2TBにする)
4.ディスクユーティリティで2番目のパーティションを作り直す。(1TBのを作る)
5.VMを2番目のパーティションに書き戻す。

で良かったはず…なのですが、High Sierraになってからか、ディスクユーティリティの様子がおかしいのです。上記手順の2を実施した段階で…

23

「3.12TBのボリュームをすべて占有していて(水色棒グラフ)、そのサイズは1.61TB」という謎の表示になっています。もうこの時点で充分おかしいのですが、再起動してもリカバリーモードで起動しても治らず。仕方ないので前に進んでみますが…

48

2番目のパーティションを作る画面にまでは行けます。が、しかし、これを「適用」すると…

12

「操作が失敗しました」表示…。
詳細メッセージも全く意味が分かりません。

つまり、3TB中の1つめのパーティション(1.61TB)は普通に使えるのですが、残りの1.51TBが全く見えず、確保もできなくなってしまった状態です。

うーむ、ディスクユーティリティがこんな謎動作をすることなんて最近はなかったのになぁ。もうAppleとしてはAPFSの方でしかデバッグしなくなっちゃったのかなぁ。

悪戦苦闘しましたが、打つ手なし。
もう一旦まっさらに(ゼロから、まさ言葉通りの仕切り直し)しないとダメなのかなぁと、今夜はバックアップ(所要7時間と出ました)を仕掛けて寝ることにします。まさか、まっさらでもダメだったりして…。

「Macの起動ディスクの2番目のパーティションを小さくしようとして絶賛ハマり中」への4件のフィードバック

  1. iMac 4KのFusiondriveをパーティション分けしようとして失敗し、
    Fusionが解除されてしまったことがあります。
    (SSDとHDDが別driveになってしまった)
    買ったばかりだったのでAppleに返品しようかとも考えましたが、グーグル先生を頼りに
    ターミナルを駆使して復旧させました。
    それ以来FDはパーティション分けしてはいけないものだと認識しています。
    上手く直ればいいですね。

  2. いつもブログ拝見しております。実は私も全く同じiMacで同じ症状で悩んでおります。ターミナルでの操作などの知識も乏しいためもし復旧されましたら方法をご教示ください。泣いております…

  3. まるぼうずさん、

    iMac 4Kだと最近の機種ですね。パーティション分けしただけでFusion崩壊って酷いですね。AppleはFusionのパーティション分けを認めていないわけではない(2パーティション目以降は普通のHDDになる)ので、ディスクユーティリティの挙動が怪しい感じでしょうか。パーティション切りにこんなに覚悟がいる時代になるとは思わなかったですね(苦笑

  4. かなみさん、

    コメントありがとうござます。今晩にでも解決方法の顛末をアップしますが、結局はターミナルでの操作をせざるを得ませんでした…。早く「ディスクユーチリティ」がマトモになってくれるといいんですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)