「ネットが重い」の切り札を試す

在宅勤務推進で特定時間帯のネット接続がひどく遅くなっていますが、解決策としての家庭側でできる切り札を試してみました。

具体的には、契約している「ドコモ光/ぷらら」で、いつの間にか「IPoEによるIPv6接続」並びに「IPv4 over IPv6」サービス(これら2つを統合して「ぷららv6エクスプレス」と言うようです)が始まっていたので、ONにしてみました。2019/11/30以前に契約した場合、自分でONしないと有効にならないようです。追加料金は不要です。また、各Webページを見てもいまいち分かりにくいのですが、「ドコモ光/ぷらら」の場合で「ひかり電話」を契約している=ひかり電話対応ルーターが導入されている場合、追加の機器も不要なようです。(IPoE対応のルーターを別に購入して、ルーターを二階建てにしなくても利用できました。)

対応となるルーターですが、ぷららのFAQページによると対象となるのは、

■ぷらら光・ドコモ光をご契約

 型番が300番台以降のひかり電話対応ルーター(ホームゲートウェイ)をご利用

■光セット・光メイト・光パックをご契約

 型番が500番台以降のひかり電話対応ルーター(ホームゲートウェイ)をご利用

とあり、うちは「ドコモ光」で「PR-400NE」という機種だったので、該当したという訳です。

(ONにしたあとの画面)

 

手続きはぷらら側の契約管理画面(マイページ)で「ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続」を「ON」にするだけなのですが、設定後すぐにはHGW(PR-400NE)を再起動しても反映されず、しかし一晩放置したらIPoEモードになっていました。確認方法ですが、「確認くん」というWebページに行って、「ゲートウエイの名前」(赤い文字)のところに「plala」が含まれていたらPPPoE(旧来の接続方法)、「OCN」が含まれていたらIPoE(新方式)で接続できているようです。

これでやるべきことはやったので、あとはどれくらい混雑が緩和できるかですね。しばらく速度変化の様子を見てみたいと思います。翌日2回ほど昼間に在宅勤務中のツマに測ってもらったところでは、平日昼の10時台で上り150Mbps/下り100Mbpsくらいは出ているようでした。(在宅勤務が始まってから、従来は通常の混雑で下り30Mbpsくらいでした。)これは効果が出ていそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)