RYOBI バリカン替刃 160mm

実家の母が本日75歳にて仕事(饅頭屋勤務)を辞めました。お疲れ様でした。最近Amazonの倉庫で働く77歳男性のCMが「ホラーだ」(そこまで働かないと生きていけない日本)と話題になりましたが、まぁ何もしないでいるのも加齢を加速するのでここまで働いてこれて良かったと思います。

さてそんな母は5年前に譲った芝生用のトリマー(リョービ ポールバリカン PAB-1620)で庭の芝生に生えている雑草を刈っているのですが、あまり広い面積用の機械でないのでとても時間がかかる様子。しかし効率のいい機械は高齢者には危険な場合もあり、このトリマーくらいのスロー加減がかえって合っているのではないかとも思うこともあります。

そんなトリマーですが、母から「切れ味が悪い」とのことで替え刃を交換することに。結構高いですが、Amazonのレビューを見ると半年ごとに交換している方もいるようです。いやこれ3個買ったら本体買えますぞ。(ひげそり用のシェーバーと同じか…)

「新潟三条・日本製」ってイイモノ感がすごいです。でも寿命短いんですよね (;´Д`) 近所のホームセンターに売ってるかと思ったのですが見かけず、結局Amazon。

 

交換は油(グリス)まみれをいとわなければ簡単です。新しい刃にもグリスが付属してるので、指定された箇所に塗布して取り付けるだけです。

 

完成。当然ですが新品の切れ味が蘇りました。

健康増進のため、涼しくなったらケガしないように芝刈りして欲しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)