macOS Big Sur を Late 2013 に入れる

macOS Big Sur を MacBook Pro Late 2013に入れました。メインのiMac Late 2012は古すぎて非対応なので。

1つ前のバージョンであるCatalinaが散々な出来だったので、いつでも戻せるようフルバックアップを取ってからインストール。

2時間ほどでインストール完了。

少し使ってみた限りでは、Catalinaより良くないですか?これ。見た目の違和感はありますが、遅くはないです。Catalinaの方が荒削りに感じるくらい。

 

標準メールアプリが「件名」「差出人」「日付」でワンクリックでソートできるように元に戻ったのも朗報。Catalinaのメールはソートは2アクションが必要で、とにかくダルかったです。心配だった、Canonのデジカメからのワイヤレス取り込みも無事動作しました。

デフォルトの保存時のダイアログにおいてボタンが縦一列になってしまって、縦長のUI(iOS)と融合してきている感がプンプン伝わってきます。しかしMac自体は全機種横長のスクリーンなので、画面の有効活用という観点からは無駄なことこの上なし。変な位置で改行が入るし、Appleの美意識ってこんなものでしたでしょうか。

また、メニューバーの背景の白(グレー)がなくなってしまったのがとても見にくいです。常にダークモードになってるようで…メニューバーの見た目を元に戻すオプションを探しているのですが、見つかっていません。どなたかご存じでしたら教えてください。
→Twitterでアクセシビリティの「透明度を下げる」設定にあると教えて頂きました。ありがとうございました。

「macOS Big Sur を Late 2013 に入れる」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)