無償化したVMWare Fusion 12 Playerをインストール

macOS Big Surにしたところ、VMWare Fusion 11 が起動できなくなりました。

がしかし!VMWareは太っ腹なことに、個人利用に限り現行バージョンのVMWare Fusion Player 12 を無償にてライセンス発行しています。

リンクがちょっと辿り着きにくいので、北米のVMWare のサイトでアカウントを作った上でログインし、一旦VMWareのサイトから離れ、Googleから「VMware Fusion Player – Personal Use License」で検索すると良いのではないかと思います。

M1版も開発していると聞きますが、まぁさすがにM1版は有償でしょうし、Windows 10 自体も Arm版になるので買い直しなんでしょうけど、Arm版Windows 10はx64アプリの動作が可能になったらしいですね。すると M1 MacはいずれmacOS / Windowsの Arm(M1) / Intel 版のアプリ、合計4種類が動くようになるということですか。訳が分からないですね(笑。iOSアプリも動くし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)