Mr.HOBBY 水性プレミアムトップコート 通常トップコートと比較

さて、PGユニコーンもほぼ完成に近づいてきたので、先日Bさんが試されていたちょっと高級なトップコートを試してみました。つい先日だと思ったら3年前だったので驚いて変な声が出てしまいました。

 

同じパーツにPremiumと、通常タイプを拭いてみます。(黒いミサイルのところには拭いていません。)どちらも「半光沢」なのですが、Premiumの方が明らかに光沢が強いです。

拭いていて気がついたのですが、Premiumは吐出量が多いですね。同じ吹き方でもたっぷり吹きかかってしまいます。上の写真の黄色いパーツのところはPremiumが若干ゆず肌っぽくなっていますが、たぶん吐出量が多いのにビビって少し吹きつけ量が足りなかったためです。使い方としては若干たっぷりめにかけるのが正解なのだろうと思います。

当然ですが、上記のパーツはPGユニコーンではありません。

 

白パーツ。こちらは正真正銘PGユニコーンの一部です。左2つがPremiumなのですが…写真では分からないですね。言葉で説明すると、右の通常のトップコートでもプラスチック臭さはだいぶ軽減されるのですが、Premiumの方はたっぷり目に塗布することで「超合金の質感」になります。昔ながらの超合金の塗装されているパーツ、アレです。あの質感になります。いや、ガンプラでいうと「チタニウムフィニッシュバージョン」のあの質感ですかね。メタリックではなく無色ですけど。

換装後に触った感じも通常タイプと全然違って、トルゥントルゥンです。おいおいこれ本当にプラスチックかよ、という触り心地になります。この厚手に塗っても白化しにくいのがPremiumの特徴で、それゆえ独特の質感を生むのでしょう。

ただ、たっぷり目に吹いてしまうと当然、液ダレとか気にしないといけないので、使いどころは難しいです。薄めに使っても食いつきや触感はPremiumの方が上で、塗る厚さによって様々な表現方が可能な懐の深さがあります。

一方で2枚目も写真の通り、トルゥントルゥンゆえ光沢も強めになるので、意図した光沢加減に持って行くには若干の試行錯誤が必要そうです。Premiumの「つや消し」で、通常の「半光沢」くらいなんじゃないかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)