横浜ガンダムに向いたカメラ

本職による編集を見てたら同じ素材を持ってる自分も再編集したくなって、しこしこやっていたのですが、腰を据えてやってみると使った3種類のカメラの画質差が意外と気になってしまいまして。

なかなか同じ被写体を3種の毛色の違うビデオカメラで撮影することがなく、今まで気にならなかったのですが、改めて横浜ガンダムに向くカメラというのを考えてみたいと思います。

■GoPro HERO 9(アクションカメラ)

首から下げてライフログ的に使えたり、水平維持が使えたりと他のカメラでは撮れない場面が撮れるのが特徴だが、画質はさほど良くない。一見、派手目の絵作りで見栄えはするのだが、センサーサイズが極小のためか画質に底力が感じられない。色づくりは後述の2機種の中間くらい。但し歩きながらの撮影でのスタビリティはジンバル並み。

■Canon iViS HF G40(ビデオカメラ)

キヤノンの民生用ハイエンド2Kビデオカメラの到達点。色が放送用ハイビジョン信号(Rec.709)に準拠しているせいかPCモニタで見ると色が浅い。WIDE DRを使えば良かったのかもしれないが未試行。録画データサイズの小ささを生かしての長時間の録画や高倍率ズームを生かした運動会での撮影には向くが、長時間や望遠での撮影の必要がない横浜ガンダムではメリットを生かせない。

■Canon EOS R(ミラーレス一眼カメラ)

画質が圧倒的。Rec.709の呪縛は関係ないようで、PCモニターで見た場合の色のりがすごい。(逆に、テレビでは色が飽和気味になる。)フルサイズセンサーが生む安定感のある画質。弱点はローリングシャッター歪みと手振れ補正の弱さだが、ローリングシャッター歪みは動きが速くない横浜ガンダムでは顕在化しない。手振れ補正が弱いのは撮影時の工夫で何とかするしかない。

 

まとめると、横浜ガンダムではHF G40は中途半端であり、立ち止まっての撮影ならEOS R、歩きながらの撮影はGoPro が良いという印象を持ちました。次に行くときはEOS R/GoProの2台に絞ろうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)