松屋 シュクメルリ & マッサマン

今年もまた松屋のシュクメルリが始まったというので早速食べてきました。

 

「世界一にんにくを美味しく食べるための料理」と言われているシュクメルリですが、その情報元は見つかりませんでした。美味しいのは美味しいですが、やはりお店で出すものは社会の迷惑にならない程度に、にんにくの抑制が効いている気がします。また、クリームソースと鶏肉にサツマイモを加えるなんて、ジョージアの発想はすごいなぁと感心していたのですが、実はサツマイモは松屋オリジナルなのだとか(笑。公式レシピもクックパッドで公開されているし、公式レシピベースに「世界一にんにくをオレが美味しく食べるための料理」に仕立ててみるのも面白いかも知れません。

さてシュクメルリをリピしようかと思っていたら、「マッサマンカレー」が突如始まりました。

 

「世界一美味しい料理」というキャッチコピーで登場。また世界一ですか。松屋インフレ起こしてないですかね。こちらは調べてみると「世界一」の根拠はCNNのようです。あーCNNですか、アメリカ人は米国一と世界一の区別が付かないことがあるからなぁ。

そして食べてみれば、まぁ美味しいのは美味しいですが、世界一かと言われると微妙。まぁ松屋のが世界一とは言っていませんが。無印のカレー「ココナッツチキン」に似ている気がします。具はジャガイモと鶏肉。職場の都合でお昼は毎日松屋、なんて人にはローテーションの一環でいいのかも知れませんが、日本の外食においてはカレーの切磋琢磨が激しいので競争力はそれほど高くありません。チキンがゴロゴロしているのは良かったですけどね。

さて松屋の「世界一」限定メニューは2つとも「鶏肉+芋」でした。次は何を食べさせてくれるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)