WF-1000XM4

かねてより噂されていたソニーの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」が出ました。

WF-1000XM3ユーザーとしてはその性能の伸びっぷりが気になって仕方ありませんが、

・LDAC通信技術に対応して高音質化
・ノイズキャンセリング性能の向上
・ケース含めたシステムの小型化、ケースのQi充電対応
・集音応力の向上
・IPX4防水
・イヤーピースがウレタンフォームの新型しか付属しない
・価格2割アップ

というところが変更点で、なかなかの全方位進化ぶり。価格以外は全く不満点が見当たりません。デザイン上のアクセントになっている金属っぽい質感の丸い部分が、ケース側にも何か丸いものが見えるんですが、機能的には何なんでしょう?

手元の WF-1000XM3 がメルカリに出しても8千円くらいがせいぜいなので、追加資金が2万円以上必要であることからちょっと手が出ませんが、でも新型の空気をちょっとは吸いたいので、本機に付属する、同時発売の新型ウレタンフォームイヤーピース EP-NI1000 だけポチりました。シルバーの方は単品売りがないみたいなので、ブラックを。

ウレタンフォームイヤーピースって Shure やEtymotic Research が積極採用していましたよね。いわゆる「耳栓・イヤーウイスパー」でそれだけでも結構な遮音効果があります。WF-1000XM3がどんな音になるのか楽しみですが、劣化も早いタイプのイヤーピースですし、まさか1ペア1,980円だったとしたら高くないですかね…?(2〜3ペアくらい入ってるなら分かりますが。)

EP-NI1000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)