福岡市 屋台のラーメン「純ちゃん」

孤独のグルメ本編では韓国から帰ってきたあとの大晦日にゴローちゃんが年越しラーメンを食べた屋台のラーメン「純ちゃん」に、劇中とはまったく異なるシチュエーションの「活海酒で一通り飲み食いしたあと」に行ってきました。スパルタン過ぎるし、こどグルマスターの旅程ぱねぇ…

 

iPhone Xsカメラのラティチュードの狭さよ…

ロケーションがよく分からなかったのですが、あとで調べたら国際線フェリーターミナルの割と近くなんですね。なので韓国からフェリーで帰ってきたゴローちゃんの足取りとしては辻褄が合うのです。我々は「純ちゃん」からはタクシーで向かい、近くのそれっぽい大きな建物を指示したのですが、この屋台なら絶対タクシーの運転手はみんな知ってるような気がしました…(場所は動かないっぽいので…)

 

劇中ではゴローちゃんは「替え玉」に「おでん」まで注文していましたし、私の左に座っていた人もおでんを注文していましたが(負けた)、私はもう結構お腹いっぱいだったのでラーメンだけを注文。博多ならではの細麺と、やさしめの味の豚骨スープ。そして何よりチャーシューがいい味! 割と満腹なはずなのにするすると胃に入ります。

帰宅後にテレビを見直したら、ドラマに登場していた主人はご本人のように見えました。たぶんそうなのでしょう。

私は外食でほとんどラーメンを食べずに年に1〜2杯程度なのですが、九州に来ると必ず食べてしまいますねぇ。前回も何年前だったか、出張で来て博多駅で一杯食べてから帰った記憶があります。深夜に食べたこの屋台のラーメンも、きっと一生記憶に残るでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)