劇場版 Gのレコンギスタ V 「こっちにも海」

「こっちは日本海」って言わなかったですねぇ…輸出に配慮したんでしょうね。

劇場版 Gのレコンギスタ V 「死線を越えて」を公開初日の今日、観てきました。

IVと同様、テレビ版と一見同じように見えますが、ありとあらゆるところがパワーアップしています。録音もし直してるんですよねこれ? 声優陣がワンランク上手になっています。ルインとマニイの死を覚悟した大気圏突入シーンのやりとりとか感動的でしたね。

さて気になるラストシーンですが…ネタバレ回避で詳しくは語りませんが、TV版とは違っていました。ターンエーとか、新訳Zとか、そういう雰囲気はありますね。

劇場版レコンギスタは I → V に向かってどんどん良くなりましたね。VはちょっとBlu-ray欲しいかも、と思いました。特にドリカム楽曲との絡み、富野監督が「僕の頭の中にあったプランが、ドリカムの楽曲によって別の次元に導かれていました」と自画自賛するくらいの出来ですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)