だがしかしAppleWorksが…

MacOS X 10.4 Tigerをインストールすると、一部機種に付属するSoftware Install and Restoreが使えなくなるようだ。

結果、

・製品付属のAppleWorksがインストールできない
・製品付属のClassic環境がインストールできない

等々の問題が発生する。

ハマった… orz
OS9は別パーティションだったので消してなかったが、AppleWorksは消してしまった…

どうもAppleの見解としては、一度出荷時状態に戻してからTigerにしろということらしい。まんどくせぇ。

本国のDiscussion BordsにはDVDの中の不可視ファイルを表示させ(英文)、辿って再インストール方法が投稿されていた。これやってみるか。

Terminalから、

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles ‘1’

として、Option+Apple+ESCキーでFinderを再起動して、リストアCDの中の非表示ファイルを探り、

.Images/AppleWorks.dmg

にあるのを見つけてコピーして終了。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles ‘0’

でFinderの設定を戻す。完了。ふー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)