アンパン劇場版リベンジ

先週のリベンジで、初回上映の1時間前から劇場に並び、今回は観られた模様。既に100人くらい並んでいたようだが、ほとんどは「ポケモン」か「パイレーツイオブカリビアン」「日本沈没」だったらしい。

ストーリーは、享楽主義の人形(安達祐実)がアンパンマンに生きる意味について叩き込まれるという重い内容。アンパンマン主題歌の「なんのために 生まれて なにをして 生きるのか こたえられないなんて そんなのは いや だ!」をモチーフにしているらしい。案の定、飽きてしまう子供続出とか。

いや、でもいいと思うよ。やなせたかし。“「へえ、そうなんですか。さすが理科の先生、理論的ですね。とにかく、アンパンマンはトイレに行きません」と、ガッカリするほど薄いリアクションである。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)