Wiiはビール PS3はブランデー

なんだそうな。TVでやってた。みんなでワイワイやるならビール、一人でじっくりならブランデー、ということらしい。

さて、ビールとブランデー、どちらにするか。子供のことを考えたら、絶対Wiiなのだが…テレビの周りに設置すると思われるヌンチャク受信機が格好悪そう。でもDSで見せつけた「遊びの提供とはこういうことだ」という思想とバランス感覚はソニーが足元にも及ばない部分。

一方PS3。何としてでもXBOX360のHD DVDセット(5万円ちょっと)を下回りたかったのか、それとも「5万円以下が普及のライン」というセオリーを守ったのか、下位モデルが実に微妙な価格に変更されたのはご存じの通り。6万なんぼでは話にならないが、4万円台なら検討しないわけでもない。ただ、一説にはソフトが開発費高騰により7,800~9,800円程度に設定される可能性があるとのこと。そりゃないよorz

クターが記者会見で何度もユーロレートのことを口にしているところを見ると、欧州でのPS3の遅れは別段欧州向けblu-rayやHDMI1.3が遅れているのではなく、ユーロが強すぎて原価が合わなさすぎるか、ユーロ圏内での部品調達が手間取っているからかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)