もはや替刃の時代ではない?

「シェーバーも台数で同2.5%減、金額で同4.3%のマイナス。低価格帯の構成比が高まっており、5,000円未満の金額構成比が前年から4.4%アップの48.9%となっている。」

つまり、いま2人に1人は5,000円未満のシェーバーを買ってるわけですか。シェーバーの替刃って内刃と外刃ペアで4千円前後するから、こうなってくると、刃の寿命(1~2年)で本体ごと買い換え、ってのはアリかも知れませんね。

私は2万円くらいのシェーバーを10年ほど使っていますが、その間、バッテリー交換修理1回(4,000円)、モーター交換修理1回(6,000円)、内刃交換3回(7,500円)、外刃交換6回(15,000円)やているので、総コストは4万円オーバー。1年半ごとに5,000円のシェーバーを買う方が安いです。

まぁエコが叫ばれてる時代に高い安いだけで判断していいのか、ってのはありますけど。

しかしACアダプター不要で充電できるシェーバー、見なくなったなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)