PLAYSTATION3 余剰?

意外にもPS3の20GBモデルが、都市部を中心に余り始めたようだ。一方、60GBモデルは相変わらず瞬殺状態が続いている。

49,800円という戦略価格の20GBモデルに対し、上位機種の60GB版はオープンプライスであり、発売前は予想価格7万円前後と言われていた。しかし蓋を開けてみれば60GBの実売価格は6万円前後が主流。

20GBモデルに対してHDD容量が3倍になり、メモリカードスロットと無線LANが付いて1万円差というのは、初期ロットに飛びつく濃いユーザには割安に映ったようだ。

しかしラウンチソフトにこれといったものがなく、別に遊びたいソフトがないし…という理由でPS3本体を見送り「とりあえずWiiでも買っておくか」という隙を与えてしまったソニーはよほど焦ったのだろう、少しでも今遊べるソフトを揃えるべく、ついには海外版のソフトをローカライズせずに投入するというソニーらしからぬ大胆な行動にも出た。

しかし「本作品は本場の雰囲気を楽しんでいただくため、言語や操作方法などアメリカの仕様そのままの内容となっております」って、言い訳にしか聞こえないよソニー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)