平穏な元旦

明けましておめでとうございます。

今日は別段どこの観光地に行くわけでもなく、近所の建物の間から昇る初日の出を拝んで、年末ジャンボが末等以外当たったわけでもなく、イトーヨーカドーのWiiの抽選販売で運試しをするわけでもなく、一日中おせちをつつきながら何ら気を揉むことなくマッタリと過ごせた元旦で良かった。

こんなに元旦に平穏だったのは何年ぶりか思い出せない。唯一「痛い」と思ったのが、レコーダーでプレイバックした昨晩のDJ OZMAくらい。

今年は「お重に詰めたおせち」に挑戦した。今までは実母の合理的な発想「その回の食事で食べる分だけ少量皿に盛って出せばよい」に支配されていたせいか、所帯を持ってもそうやって食べていた。

しかし今年は何となくお重に入ったおせちが食べてみたくなり、百貨店の1~2万円のおせちを検討するも、割高である面が否めず、また、夫婦そろって嫌いな食材(アワビとかウニとか)が入っていたり、不可食部分が多かったりで断念。

結局「楽天で買ったお重(ケース)」+「紀文のおせちセット」+「手作り料理数点」という百貨店の半額くらいのコストで3倍くらい食べられる、ごく普通の家庭でありがちなおせちが出来上がった。

しかし最近のお重には「タッパーの蓋」のようなパーツが付属していて、行楽に汁物を入れていっても汁が漏れない構造になっているのには驚いた。お重の進化を目の当たりにした2007年元旦。

ああ、カレーの材料を買ってくるのを忘れた。「おせちもいいけど、カレーもね」のTVCFを見るまでもなく、なぜか正月はカレーを欲する。なぜだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)