Safari for Windowsの意味するところ

OS以外のAppleの資産の1つは「製品の使い心地」である点は間違いない。Appleが今後飯の種にすべき技術の1つは「Appleの思想から来る使い心地」であり、それは今後OSレベルではなく、アプリケーションレベルで実装されてゆく方向になると思われる。

iPod/iTunes for Windowsのリリース以降、Appleの動きには「Windowsユーザにも、そしてパソコンすら知らないユーザにも、Apple製品の使い心地に触れる機会を増やす」という一貫した共通点がある。

売れっ子アイドルが惜しまれつつ引退するように、OSメーカーもユーザが「えっ、もう?」というタイミングでOSから手を引くのかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)