F904i 所感2

携帯電話はデジタル機器の中でも割り込み要因の多い製品である。メール編集中だろうが動画再生中だろうが電話やメールの着信は来るし、液晶を開閉させられたら相応の処理を行わなければならない。

F904iのような液晶回転機構を持つと、そこにまた新たな割り込み要因が加わる。動画再生中だろうがカメラ撮影中だろうが、液晶の回転に反応して表示内容を回転させなければならない。プログラマにしてみたら「勘弁してくれ」レベルの要求仕様だと思うが、幸い俺の手元のF904iはそこそこキチンと動作している。

しかし細かいバグはあるにはある。たとえば:

・N902iで撮影したQVGAのMP4動画をSDカードから直接再生中に、液晶を左側に回転させたのち、再生画面を全画面に切り換える「#」キーが効かないことがあった。(一度サムネール表示に戻って復帰。再現せず)
・ワンセグを横画面で視聴終了後に周囲が充分暗いにもかかわらずキーイルミネーションが点灯しないことがあった。再度ワンセグ視聴→ワンセグ終了で復帰。(再現せず)

神経質なユーザはこういうバグリストを何十個も羅列して回答期限要求付きで内容証明郵便でメーカー社長宛に送りつけるのだろう。再現性のないバグはまず修正不可能だぞ。一休さんの屏風の虎の話と同じように。

それにつけてもIPS液晶の美しさは異常である。左右から見られたくない携帯電話で広視野角を確保するという設計の英断も賞賛に値する。(←マジで誉めてます) また、指紋認証はロック解除の手間を省力化することに大いに役立ち、携帯電話にセキュリティロックをかける敷居を下げる。これはいい。

最近気がついたF904iの仕様は以下の通り:

・Macで書き込んだmicroSDカードを挿入すると「SDカードが壊れています」という表示が出るが、操作続行可能。ちなみにN902iでは同様のエラーが出た後、操作続行不可能だった。なお、このエラーはMacで勝手に生成される.Trashesや.DS_Storeファイルが原因のようで、これらのファイルをWindowsから消してやると正常に動作するようになる。
・パソコンから書き込んだJPEGファイルを認識させるには、Exifタグが必要。何らかの方法でExif情報を付加する必要がある。
・動画も認識されるものとそうでないものがある模様。調査中。
・マナーモード中にワンセグを起動し、音を出すかの問いに「いいえ」と応えると、自動的に字幕がONになる。

しかし今まで触ったこともない新しいアーキテクチャの製品っていいなぁ。あっこの機能がないのか!とか、おっこれは便利!とか、悲喜こもごもあるが、なんか弄っていて楽しい(・∀・)ニヤニヤ。

これはいい大人のオモチャですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)