ツルピカiMacのガラスの内側にゴミが入ったら

ツルピカiMacでは、何を修理するにせよ、ディスプレイのガラスを外す必要がある。maclalalaさんによると「ガラス面と液晶パネルの間にゴミが紛れ込まないように、シリコンを使ってゴミや水が凝縮するのを防がなければならない。再組み立ての前にガラス表面をチェックできるように紫外線ランプまで準備されているらしい」とのことなので修理時は気を遣ってくれるようだが、個人で興味本位で外してしまうと、ゴミに泣くことになるかも知れない。

他にも上記の記事にはあのガラスが強化ガラスではないことや、アップル純正の取り外しツールは磁石を打ち消す機能が付いていることや、ガラスは一旦外すと割れやすくなるという記述もあり、興味深い。

しかし「シリコンを使って…」というのは具体的にどうするのかさっぱり不明である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)