intellimouse optical 交換した方も不良だった

初期不良交換したIntellimouse optical(略称IMO)が届いたのだが…この個体もiMacでスリープ解除後にマウスポインタが動かなかった!

手元で試した6個のIMOのうち、iMacでスリープ解除後にマウスポインタが動かなくなるのは2個。しかも、最近買った、または交換して貰ったものに限定して言えば、3個中2個が異常。

いやーこれは深刻だぞ。

3個中2個が異常と言うことは、もはやそれは「仕様」であると開き直られる可能性が高い。お前のMacがおかしいんだよと。

そしたらこちらにはたてつく材料がない。泣き寝入りである。社会の仕組みなんて、そんなものである。中立な視点で見れば、俺の方がクレーマーだろう。

おそらくマウス内のICの製造バラツキとか、そういった電気的なところに起因していると思うが、マイクロソフトが今後この問題を治してこない(というか仕様として確定してしまう)としたら、俺は将来IMOの使用を諦めざるを得ない。

IMOの将来に不安を残す結果になった。俺にとってこれに代わるマウスは存在しないだけに、悲しいことである。

そんなわけで、2個目の異常マウスはAmazonにクレーマー扱いされるのも嫌なので、泣き寝入りして会社で使うことにした。会社のPCはスリープさせないので実害はない。ただ、同じ型番ながらもう1個と明らかに挙動が違う不良疑惑品を使うのが気分が悪いだけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)