AppleCare Protection Plan、悩む

11月末でintel iMac導入から1年。AppleCare Protection Plan(APP)への加入期限である。いままでAPPなど眼中にない頻度でMacを買い換えて来たが、iMacがツルピカ液晶にモデルチェンジしてしまったことで受け入れられず、また、Core 2 Duoプラットフォームへの刷新は昨年行われたばかりで、あと1~2年はクロック向上分以上の劇的な進化がないと予想されることから、今使っているintel iMacは意外と長く使うことになるのではないかと思っている。

また、ツルピカ液晶iMacでもサイズが必要充分な20inchモデルの液晶が前モデル比で視野角が狭くなってしまったことや、intel iMacの中でも俺のCore 2 Duo 2.16GHz/20inchモデルは買い取り価格が現時点で8万円台と経過年数の割に安いことも、買い換えの敷居を高くしている。

一方、iMacの修理金額は49,350円(税込)の定額と結構高い。現行Macはスリープ前提で使う設計になっているが、をれを真に受けてその通りの使い方をして毎日10回程度はスリープ突入/復帰をしていることから、ハードウエアへの負担は大きいはず。天気予報なんかデジタルテレビのデータ放送で確認するよりもリビング脇のMacをスリープ解除してウイジェット見た方が全然速いし、ニュースの時間を待つよりもWebブラウズした方が速い。生活に密着しているiMacというのは結構酷使される。

APP for iMacは22,050円。月額919円の故障保証である。もし延長保証1年分しか使わないとすれば、月額は倍の1,837円である。今月末に発表されるはずのMacOS X LeopardでMacの使い方がどう変わるかを見極めてからにしようと思うが、Leopardで現行Macがエラく不便になったり重くなったりして新型Macでないと困るということがない限り、APP購入の方向で検討したい。

たぶんiMacは来春には2.4GHz Duoが2.6GHz Duoに底上げされ、2.8GHz Quadはそのまま残るはず。2008年秋にはPenrynプラットフォームに刷新されると思うが、クロックは2.8~3.0GHzあたりからスタートするだろう。そのくらいの性能向上だったら、小遣いはレンズに回したいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)