幼稚園でDSLR増殖中

時間的にツマしか行けなかった幼稚園のイベント。ツマと相談してHDC-SD3で撮影してきて貰ったのだが、EOS 40Dを持って行くかどうかは悩んだところ。主婦がハイビジョンカメラと一眼レフカメラの両刀で望む姿はありえねーと思うが、それでも会場は結構一眼レフを持ってきているお母さんが多かったらしい。

やっぱコンパクトデジカメでは限界があるもんね。子供のように動き回り、一瞬を押さえる必要がある場合、高感度、マニュアルズーム、高速AF、高速連写、すべてコンパクトデジカメでは厳しい要件ばかり。デジタル一眼レフのニーズが高まるのも納得できる。

しかしママの間で人気なのはEOS 40Dクラスではなく、もう一回り小さなKissDNクラス。小ささが受けているんだろう。最近はコストパフォーマンスで言えば40Dが売れているようだ。確かにこの価格↓では売れるわな。

ところで明日(1/23)、EOS 5D(フルサイズ)の後継機種が発表になるという噂がある。このタイミングでフルサイズのボディ発表か…。また春先にキヤノンの売れ筋レンズが品薄になりそうだな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)