アンパンマンというキラーコンテンツ

オープン直後はエラいことになっていたが、最近は空いてきたという噂も聞く横浜アンパンマンこどもミュージアムに行ってきた。

入館は高いし(大人だろうが子供だろうが1人千円)閉館間際だったのでやめて、ショップの方だけ楽しんできた。店舗だけでこんなにある。並んでいるショップ、すべてアンパンマン関連である。オムスビマンのおむすび屋さんとか、ベタだけどキャラクターのパン屋さんとか。

とにかく価格がすべて超一流で驚いた。これでは客数もある程度絞られるだろうな、とは思ったが、それでも入館待ち状態が発生する一歩手前くらいの客数は来ていたように見えたので、アンパンマンビジネスというのはすげぇ金が動くんだなぁ、と思ったりした。

アンパンマンを見せながら特別な椅子で髪をカットする子供向ヘアサロンは4,200円、手芸店での子供用エプロンは2,400円とか。子供の欲求に従っていたら、あっという間にTDLに行けるくらいの金額が吹っ飛んでいきそうだ。

写真はキャラクターのパン。1個につき300円。買ってこなかったがカレーパンマンのデザインが秀逸。

anpanman

このパン屋さんの女子店員、パンが焼き上がるたびに焼き上がったキャラクターの名前を全員の澄んだ声で合唱する。声質を要求されるパン屋さんなんて初めて見た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)