kissの方が画質が良くないと困る

「対EOS 40Dですが、結論を先に書くとEOS Kiss X2がわずかに勝っていると感じました。」

このレポートに関して衝撃が走っているようだが、近年のキヤノンの開発サイクルを勘案すると、

・kissで高画素化を果たす。

・その画質を維持したまま二桁Dシリーズ(30D/40Dとか)で高速化を図る。

・次のkissで2桁Dシリーズを超える画質を達成

・その画質を維持したまま2桁Dシリーズで高速化を図る。

…というサイクルになっており、kissの画質は次の二桁Dkissの画質の礎になるものであり、現行の二桁Dシリーズを超えてくれないと困るのだ。

という訳で、EOS 50Dシリーズは画質に関しては改悪とならないことはほぼ決定したと言えよう。

おっと、高感度時の評価レポがまだ出ていないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)