iPod課金とダビング10はペア?

「デジタル放送コピーワンス改善策「ダビング10」の運用開始が事実上延期に」

えっと、この話は以下の話の続きだと思うけど、

「ルール緩和には補償金が必須でダビング10の合意には、補償金制度の継続が含まれている」

つまり、

録画メディアにかかっている補償金制度を維持することがダビ10の前提条件であると。

そしてついでにiPodにも課金するぞと。

でもさ、権利者側の主張を聞くとJEITA側の不履行にも見えるけど、実は、

権利者側には、私的録音・録画を認める代わりに対応機器に課金していた補償金制度が「機能していない」(日本音楽作家団体協議会・小六禮次郎氏)という不満があった

なんて話もあったり。ボールを持ってるのは、実は私的録画補償金管理協会とかJASRACなんじゃねぇの?

「「委員の合意が得られていない」ことが、原因らしいが… 何が問題なのか良く分からん。」

上記のようなことらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)