EOS Kiss X3が微妙すぎる

EOSロゴが電鋳バッジ化してかっこよくなったのはいいんだけど、なに20fpsって(笑
この微妙なフレームレートは…どうしろと?
いっそのこと15fpsの方がかえって使いやすかったんじゃないかなぁ。謎だ。

機械的なところはさすがに上位のEOS 50Dを超えてないけど、電気的なところは超えちゃってる項目もちらほら。そもそも50Dは動画撮影できないし。40Dもそうだったけど、近年、二桁DシリーズはKissからすぐ下克上されちゃってユーザーは面白くないだろうなぁ。

まぁKissはkissで、他メーカーとの戦いが激しくて下克上するつもりがなくてもそうならざるを得ないんだろうけど。

もしかしたら同じ画素数でも50Dと比べて圧縮率に差を付けてあるかも?と思ったけど、それはないみたい。どっちも1,510万画素のJPEG/Fineで5.0MB/枚のようだ。

さすがに5D Mark IIより後発だからなのか、それとも格が違うからなのか、モードダイヤルに動画モードがあったり、解りやすいRECボタンがあったりして、ユーザーフレンドリーな印象。

動画についてはPanasonicのDMC-GH1の方がAVCHDフォーマットだったり、普通に60iだったりするので、使いやすいと思う。ただGH1は画質はどうかな。既に発売中のLUMIX DMC-TZ7の動画画質がちょっと微妙だったしな。

–Ad–
Amazon : EOS Kissシリーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)