プラレール連結仕様の件とミスト噴射D51

プラレール「連結」モデルだと自動ターンアウトレールが誤動作するのに気がついた。

komachi

自動ターンアウトレールは線路上の突起を動力車の通過で引っかけ、ポイントの切り替えを行う仕組みだが、連結モデルだと編成の先頭と末尾の両方が動力車なので、先頭で一度切り替わり、末尾で一度切り替わり、結果、末尾車両が必ず脱線してしまう。

…って梱包箱に書いてありましたな。すみません。

改良されないかなぁ。


そういえば、動力、ライト、サウンドと進化してきたプラレールだが、ついに「蒸気」に手を出したようで(笑)煙突からミストを噴射する「プラレール サウンド・スチーム D51 498号機」(Amazon)が発売されている。いやー、どこまで行くんでしょうか。プラレール。次は無線ビデオカメラとか付くのかな。


プラレール やまびこ&こまち 連結セット(Amazon)
プラレール 自動ターンアウトレール R-19(Amazon)

「プラレール連結仕様の件とミスト噴射D51」への3件のフィードバック

  1. > いやー、どこまで行くんでしょうか。プラレール。

    当然、ガンダムですよ、ガンダム…!
    梱包箱には「カーブではよく転びます。スミマセン。」って書いてあります。

    いや…形状的にGブルが限界かもしれません…笑。

  2. >>micさん

    えええ、8年も前に!
    今の技術で作り直して欲しい…

    >>しょういちさん

    …なんとリアクションして良いやら(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)