ティファールのフライパンがまた寿命

にそれぞれ買い換えたティファールのフライパンが寿命。今回は玉ねぎを強火で長時間炒めてしまって、コーティングを飛ばしてしまった感じだ。失敗。まぁでも今までの買い換えサイクルを並べてみると、

2007年1月
2008年9月
2009年12月(今回)

まぁそんなものかとも思う。

しかし相変わらずティファールのフライパンの商品構成がワケ解らない。底面構成が

・デュラベース
・オプティマル
・アマラル
・デュフューザル

の4種類あって、コーティングも4層~6層の7種類ある。しかもすぐデザインがモデルチェンジするものだから、前回自分が使っていたものがどのグレードかが見つけられない。(もちろん同じものは売っていないことが多い)

Amazonの評価を見てみると「ディフューザル エレガンス」とか評判よさげだけど、高いなぁ。どうせどのコーティングにしても1年ちょっとでダメになるんだろうしなぁ。

「ティファールのフライパンがまた寿命」への2件のフィードバック

  1. 我が家も最近フライパンの調子が悪く、中央部が山のように盛り上がってきました。まるでジンギスカンなべ見たい。購入して2年くらいでしょうか。使い方が悪いのか。勿論ティファールのフライパンです。

  2. 熱い状態から水につけるなど急冷却すると、中央部が盛り上がってしまいますので、ご注意ください。上位モデルほど盛り上がりにくいように強化されていますが、急冷しないのが一番です。もちろん、調理中に水を入れるなどは仕方ありませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)