AppleWorksのファイルはほとんどiWorkで読めない

appleworks6

互換性があるような話があったAppleWorks書類のiWorkでの読み込みですが、どうも「純粋なテキストだけのファイル」とか「純粋な表計算だけのファイル」は開ける場合があるようなのですが、ドローやペイントが混在しているファイルはダメなようです。

手元のAppleWorksファイルを、すべてiWorkの体験版で開いてみましたが、1つも開けませんでした。今はまだAppleWorks6がSnowLeopardで動きますけど、いつ動かなくなってもおかしくないので、iWorkにコピペで移動しておく必要があるようです。

「AppleWorksのファイルはほとんどiWorkで読めない」への6件のフィードバック

  1. うちにあったクラリスワークス 4.0の書類は98%読めました。
    基本機能しか使っていないからかも知れませんが。

  2. AppleWorks6のプレゼンテーション形式ファイルで保存するとKeynoteでサクッと読み込めます。

  3. 言葉足らずでごめんなさい。
    作成されているのは、多分ドロー形式の書類ではないでしょうか?そこに、ドローオブジェクトだけでなく、テキストオブジェクト、表計算オブジェクトなどが混在していると思われますが、それらのオブジェクトをすべて選択して、ファイルメニューからプレゼンテーション形式の新規ファイルを作成して、そこにペーストして保存します。そのプレゼンテーション形式のファイルであればKeynoteで読み込めます。

  4. おおお、本当ですね~ うまくいきました
    全部コレでいけるわけではないのですが、
    でもけっこうな割合で使えそうです。
    ありがとうございました、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)