「iの記憶」iPhone 3GS 写真展

三井公一氏(@sasurau)氏の写真展「iの記憶」を観てきました。新宿西口の三井ビル、epson「epSITE」にて。

i_no_kioku1

入り口の外には…これ林信行氏(@nobi)らしいです(笑

i_no_kioku2

勢い余って?A0サイズまで伸ばしてしまった作品多数。

i_no_kioku3

mixiの何らかの写真サークルのオフ会の若者に頼まれて解説をする三井氏。

i_no_kioku4

iPadは専ら作品のビューワーとして使用しているそうです。

氏の作品のキモは撮影後にiPhoneアプリで加工している点。Photo fx、Cool fx、Camerakitなどの編集アプリを使用しているとのこと。昔で言えば現像工程が、いまやiPhoneの中でできる時代になった。

iPhone 3GSのカメラは僅か300万画素。いたずらに画素数を追っていないせいで、階調が豊かで、ノイズの乗り方もイマドキの高画素ケータイとはひと味違う。もちろんバンディングノイズとか見える場合もあるんだけど、A0サイズまで伸ばしても違和感を持たない使い方があるという点は驚き。(たぶん普通に記念写真的に撮った300万画素はA0は耐えられないと思う。)

写真って画素数が正義の場合もあるけど、必ずしもそれだけじゃないんだよなぁと再確認する。常にポケットに入っているiPhoneだから出会える景色、チャンス。

会期は6/17まで。日曜休みなのでご注意。

世界のiPhonegrapher6人に選ばれた三井氏のiPhone写真集が出る。

「「iの記憶」iPhone 3GS 写真展」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。三井氏の名前で検索して辿りつきました。
    今月末より、三井公一写真展を開催するギャラリー
    Island Gallery店長の安斉紗織と申します。
    エプサイトでのこの展覧会に魅せられ、開催する運びとなりました。
    新作も展示しますのでどうぞお立ち寄りください!
    nobi氏とのトークライブも企画しました。8月8日に開催します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)