車にUSB-C PDを

うちのAudi A3 (8V) には、カーステレオに音声を流し込むMMI端子から変換されたLightning端子と、もう1つ給電専用のUSB-A端子から変換されたLightning端子があります。この2つの端子、いずれも5V-1A程度の給電のようで、音楽を流すなどスマホを使いながらの充電だと遅々として進みません。

音楽をダイレクトに流し込めないにしても運転中に急速に充電したい需要はあるので、シガーソケットからUSB-C PDを取り出せるAnker PowerDrive PD 2(32W 2ポート カーチャージャー)を購入しました。

 

これはUSB-Cの他にPower IQにも対応したUSB-Aが付いていて、USB-C側が最大20W、USB-A側が最大12W、同時に供給できるようです。もっと出力の大きい上位モデルもあるのですが、最も出力が大きいモデルでもUSB-C側が30Wなので会社支給のThinkPadは充電できず。だったら最小モデルの20Wでいいか、安いし、と考えたものです。

 

USBチェッカーで測定したところ、8.84V x 1.83Aで最大約16Wと、iPhone XSの限界速での充電が可能でした。まぁ最大20Wもあれば、次世代のiPhoneにも対応できるのではないかと思っています。A3標準装備のUSB端子と比べれば3倍くらい充電が速いのではないでしょうか。

AnkerのこれはUSB差し込み口が光るわけではないのでちょっと視力が弱いと端子の位置を探り当てるのに苦労するのですが、これがあれば目的地に着く前に満充電、ということもできそうです。

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)