リザーバータンク交換

先日、クルマの冷却水警告灯が点灯したので、どうせまたよくあるセンサの誤作動だろうと思って放置していたら、また警告灯が点灯したのでボンネット内を確認したところ、本当に冷却水がLOWERレベルを大きく下回っていて焦った。

このクルマ、センサーが正常に動作することもあるのか!(ぉ

ディーラーで検査してもらったところ、どうも冷却水のリザーバータンクの蓋の勘合がよろしくなく、そこから漏れている疑いとのこと。検査方法としては、冷却水の系統に圧力を掛けて、水が漏れる箇所を見つけるらしい。

a3_reserver_tank
傾いた駐車場で撮影

そんなわけでリザーバータンクごと新しくなりました。修理費用は延長保証に入っていたので無料だったけど、保証期間外だったらたぶん2万円前後。高い。もし自分が保証外だったら、キャップ部分2,600円だけ交換してお茶を濁すところ。

ディーラーによると、新車でも冷却水がストンと抜けてしまった事例があるとのこと。A3はGOLF 5と同系統のメカだが、世界中で凄い台数が走っている実績のあるメカでも、こんなものなのかも知れない。

しかし延長保証、なかなか元が取れない。元が取れるほど壊れたらそれはそれでイヤだが、価格改定された今でも新車購入時から60日以内なら89,000円で入れるんだけど、この商売が成り立ってるってことは、平均的には不要である、とも言えるわけで…。(それを言ったら医療保険も不要という話になってしまうが…)


VW純正クーラント G12プラス(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)