10代目シビック 日本導入決定

ホンダ、新型「シビック」(10代目)を今夏に日本で発売

おおお、国内投入来ましたか。
いやこれ、現物を海外で見てはいたんですが、予想通りかなり格好良かったです。自分はどうも「伸びやかなデザイン」系が好きなようで、琴線に触れました。



日本にはUK生産のハッチバックも導入されるとのことなので、後席居住性、使い勝手はそちらの方がいいかも知れませんね。しかしセダンの伸びやかなデザインもなかなか捨てがたい。

しかし、現物を見た際に、予想外の点、しかもかなり重要な点が目に付きました。
それは、「小さい」ということ。

伸びやかなんです。なんですが、ちょっと小さくないですかねこれ?
私が乗っていた5代目シビックフェリオと比較すると、ホイールベースで8cm、幅で10cm、長さで23cmほど大きくなっており、もはや別物級の大きさな訳ですし、むしろ2000年頃のアコードより大きかったりするんですが、デザインの妙なんでしょうか。第一印象は「うわ、ちっさ!」カローラサイズに見えてしまいました。これは一度試乗してみたいです…。

ちなみにこの10代目となるシビック、型名は「FC」だそうです。イニシャルDとかに出てきたらRX-7と紛らわしいですね(笑。

「10代目シビック 日本導入決定」への2件のフィードバック

  1. うちの兄貴が、4代目のSiに乗っていました。
    20年以上前の話になりますが(汗
    復活は素直にうれしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)